私の過払い金請求の体験談

私の過払い金請求の体験談

私の過払い金請求の体験談

私は2013年に借金の返済が困難になりました。
個人事業主なのですが、収入が落ち込んでしまいました。

 

そして、債務整理することを決意。

 

司法書士の事務所に電話をかけ、数日後、事務所に行きました(無料相談・面談)。

 

そこで任意整理で借金を整理することになったのですが、借金の状況を詳しく説明すると、司法書士が、

 

「過払い金がありそうですね。詳しく調べましょうか?」

 

と言い出しました。

 

ネットで債務整理についていろいろと調べていたので、過払い金のことも知っていました。
しかし、「お金が戻ってくるなんて、そんなうまい話があるわけない」と思っていました。
戻ってくる人は特別な例なのだろう、と。

 

でも、司法書士が「ありそう」というのですから、過払い金があるのでは。

 

即、依頼。
「着手金はかかりません」というので、その場で調査を依頼しました。

 

司法書士が貸金業者から取引履歴を取り寄せて調べることに。

 

1週間後くらいに司法書士から電話がありました。

 

「引きなおし計算をした結果、過払い金がありますね」

 

身体が熱くなりました。過払い金が戻ってくれば、借金の返済が楽になる。このピンチを切り抜けられる。そう思いました。

 

「この件は私に任せていただけますか? 任せていただけるなら、すぐにでも過払い金請求の手続きに入ります」

 

というので、すぐに依頼しました。

 

返還の交渉はスムーズに進んだようです。とくに、争うこともなく、揉めることもなく。

 

調査を依頼してから3カ月くらいで和解。

 

私のところに、「和解書」が送られてきました。
きちんと金額も記載されている。

 

「これで過払い金が戻ってくる。ピンチを切り抜けられる」

 

「いや、待てよ。喜び浮かれるのはまだ早い。喜ぶのは、実際にお金(過払い金)が銀行口座に振り込まれてからだ」

 

そう思いました。

 

振り込まれるのは、約1カ月半後(たしか)。

 

そして、ついに、その日が。

 

近くのATMに行き、通帳記入。

 

機械音が。
なにか書き込まれた。

 

吐き出された通帳を見ると、たしかに入金が。

 

一瞬、頭のなかが真っ白に。
次の瞬間、身体中から汗が吹き出ました。

 

過払い金が口座に振り込まれました。

 

 

ダメ元で過払い金の相談するところから始めました

※投稿していただいた過払い金請求体験談です
私が過払い金返還請求を行ったのは、6年程前の話になります。
もちろん、借入れを始めたのは、それよりも6年程前に遡ります。
当時は、アコムさん・プロミスさんを利用させて頂いており、両社合わせてキャッシング・ショッピングの合計が200万円程になっていたと思います。
そうなってくると、利子だけでも1万円弱になり、大変だったのを覚えています。
それでも、少しずつ返済を続け、6年の時を経て完済しました。
当時、「過払い金請求」と言う言葉が、今ほど普及しておらず、「最近よく耳にするなぁ。」と言う位の認識でした。
過払い金返還請求を行なう為には、弁護士事務所を訪ねる必要があり、自分には敷居が高く感じられました。しかし、何とか弁護士会へ行き、弁護士を紹介して頂いて、弁護士事務所を訪問しました。
紹介して頂いて訪問する迄の間も、「依頼料って、いくら位かかるんだろう…。」と終始不安になっていたのを思い出します。
現在ではCM等でも「成功報酬の?割。」とか流れていますが、当時は有りませんでしたからね。弁護士さんにお話を伺って、「そんなに取られるの!?」と思った記憶も有ります。
手続きを行って、その後連絡が来たのは、半年を過ぎた頃だったと思います。弁護士さんから事前に、「忘れた頃に連絡します。笑」と言われていたので、完全に忘れていました。
そして、私の手元に戻って来たお金は、20万円強だったのを記憶しています。
その頃、私は結婚したてで、子供も産まれる頃でしたので、喜びも数倍に跳ね上がりました!
過払い金返還請求で、お金が戻ってこないかもしれないと、悩んだり・不安になったりしましたが、ダメ元で相談して良かったと思います。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ