個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

個人再生のメリット・デメリット

個人再生にはメリットとデメリットがあるので、この方法を利用して借金の整理をする時は注意が必要です。
借金の整理をする時は自己破産のように、すべての借金をなくしてしまう方法もあります。
そのような対処法は便利ですが自己破産はペナルティが大きく、この手続きをすると色々な制約を受けることになります。
それに対して個人再生はペナルティが小さいものなので、多くの人にとって利用のしやすいものになっています。
この手続きのメリットとしてあるのは住宅を手放さないですむことで、住んでいる家から出て行かなくてもすみます。
個人再生とは裁判所を利用して借金の減額をするものですけど、その時に住宅のローンは除外してくれることがあります。
そのため住む家から追い出されずにすむこともあり、そのような点が自己破産などの処理に比べて優れています。
もちろんこの手続きにはデメリットも存在しており、それは借金をすべてなくせるわけではないことです。
自己破産の場合は借金の全てを無くすことができますが、この手続きでは借金を数分の一にしかできません。
そのためこの手続きをするためには支払い能力も問われることになるので、収入の少ない人だと利用できないこともあります。

関連ページ

個人再生の流れ
借金返済の目処がたたず、個人再生を検討中の方は必見です!個人再生の費用や進め方について徹底解説しています。
我が家を守れる個人再生
借金返済の目処がたたず、個人再生を検討中の方は必見です!個人再生の費用や進め方について徹底解説しています。

ホーム RSS購読 サイトマップ